So-net無料ブログ作成

再び大岳山 (奥多摩ハイク) [山歩き]

12月9日、奥多摩ハイクも第3弾、

例のごとくこの日も寝坊したワタクシ、[たらーっ(汗)]


しかしめげずにAM7時に出発。

いつものコンビニで朝食を食べたら、

鳩の巣の駐車場に愛機をデポ。

急いで鳩の巣駅へ、

DSC00734.JPG

AM8時32分の電車に飛び乗ります。

2駅だけ乗って終点の奥多摩駅へ、


そして今回向かう先はぁぁあ!!



愛宕山です。

そう、

前回、前々回と下山に使った鋸尾根、

なかなかのコースだったので、

これは是非登って見なければっ!!




と言う訳にて早速やって来てしまいましたぁ~[るんるん]

AM8時52分、登山開始。


ん、

待てよ、このコースを登るということは・・・

そう、

DSC00738.JPG

いきなりこの階段を登らなければなりません。
nice!(7)  コメント(4) 

御前山 (奥多摩ハイク) [山歩き]

前回の山行からきっかり1週間後、

12月1日、AM6時半、

奥多摩方面に飛来する機影が1つ、

そう、我が愛機がまたしても襲撃を敢行したのです。



てか、今回は寝坊しました。(-"-)

前回は早すぎて、今回は遅いとは・・・



でも、近場の強み、

少々の遅れはものともしませんよおぉぉお!!



小河内ダムの駐車場に着いたのはAM7時40分。

DSC00692.JPG

今回はここから歩き始めます。

ターゲットは奥多摩三山の1つ、御前山です。

DSC00697.JPG

ダムサイトから見えるこの山です。

ちょうど太陽[晴れ]が出ようとしている場所がまさに御前山です~[ぴかぴか(新しい)]


DSC00695.JPG

朝の奥多摩湖は静かに水をたたえていました。



守衛さんに挨拶し、ダムの天端を渡り、展望台への道を登ります。

途中分岐、

右を選ぶとダムの展望台、左を選ぶと御前山の登山道です。

AM8時、スタート。

落ち葉の敷き詰められた角度のある斜面を

ひたすら登り、高度をかせぐ。


45分ほど歩くと、

DSC00705.JPG

眺めのいい場所に、

サス沢山です。

DSC00702.JPG

奥多摩湖の眺めがスバラシイ。

しばし“雲じい”気分にひたった後、先に進みます。

惣岳山を越えて、AM9時53分、

DSC00708.JPG

御前山着。

これで奥多摩三山、登頂です~[るんるん]


目的を達したら、後は降りるのみ、

膝の調子は・・・

問題ナシ!

歩いている時間も少ないが、快調です。


降りは鋸尾根、前回と同じコースです。

前回は膝の痛みと疲労により、ほうほうのていで降りてきましたが、

今回はそのリヴェンジをかねて同コースを選択しました。



御前山から、クロノ尾山、鞘口山、を経て鋸尾根に到達します、

前回はダブルストックを駆使して降りてきましたが、

今回は調子がいいので使わないことに、

いいペースで降って行きます。

DSC00712.JPG

途中、天狗がいました。

後で調べたら、天聖神社というみたいです。

後ろにはさっき歩いてきた御前山が見えます。



DSC00716.JPG

愛宕神社に着くと、ラストスパートです。

後は奥多摩への降りですが、

ここがなかなか手強い。[パンチ]

DSC00717.JPG

187段の急階段です。

この写真は降りてから見上げて撮りました。

この階段はさすがにこたえました~[あせあせ(飛び散る汗)]

それでも無事に下山、PM12時30分。


奥多摩駅でバスに乗り、奥多摩湖の我が愛機のもとへ、



帰りはもえぎの湯で汗を流してきました[いい気分(温泉)]

DSC00721.JPG

しかし、ここはせまくてまいりますなぁ~

よっぽどのことがない限り、あまり行きたくないなぁ~






さて今回は・・・・

4時間半と時間も距離も短かったせいもあるが、

調子よく歩けました。

最後の降りでちょっと膝にきましたが、

痛み方がマイルドになったような気がします。



とりあえずは週1登山は続けて様子を見ていきたいと思います。





てか、

昨日も奥多摩歩いてきましたぁ~(例によって詳細は後日~)

すっかりホームマウンテンとなりつつあるのでした。[揺れるハート]
nice!(8)  コメント(17) 

大岳山  (奥多摩ハイク) [山歩き]

さて・・・・



いまひとつ膝の調子に自信が持てないワタクシは、

高い山が雪に閉ざされていくこの時期、

トレーニングを兼ねて近場の低山を襲撃[パンチ]してみようなどと、

目論むのでありました。


場所は奥多摩。

なんといってもアクセスがいいっ!

ブ~ン[車(セダン)]と愛機で1時間ちょっと、

コースのバリエーションも多い。

今までは近すぎてほとんど訪れていなかったので、

かえって新鮮に感じ、しばらくは楽しめそうですねぇ~。[るんるん]



んで、

その第1弾。

11月24日、AM4時20分発進。

途中のコンビニで寄り道し、弁当を購入。

車内で朝食。


と、

ここで忠告1つ、

車内でぺペロンチーノは食べるべからず!![パンチ]

ニオイがなかなか抜けません~[爆弾][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]





食後、窓を全開にして走ることしばし、


5時半、白丸駅付近の駐車場着。

も、

今だ未明にて、出発する気分になれず。(~_~;)

遠出する感覚で早く起きすぎたようですなっ!

無論ヘッドライトは持参しているが、

そこまで気合が入っているわけではないので、

明るくなるまで、ぶらぶらと奥多摩湖へドライヴィング。

日が開けてきたので、件の駐車場に戻り、

AM7時、歩き始めます。

DSC00655.JPG


まずは白丸調整池を渡り、

DSC00656.JPG


数馬峡を横目に、

DSC00658.JPG


遊歩道歩き。

遊歩道が終わると舗装道路を奥多摩霊園方向へ、

30分ほど歩くと、大楢峠への登山道があるので、ここから入山。

AM7時30分。



DSC00660.JPG

大楢峠、AM8時18分着。

しばらく歩くと御岳山が見えてきました。

DSC00665.JPG

そう、

第一目標は、この御岳山。



実は、20年ほど前、

学生時代、暇に任せて夏休み、

独りで登ったことがあったんです~(このコースじゃないケド)

嗚呼、紅顔の美少年であったあの頃が懐かしい・・・(*_*)

・・・・

・・・・[たらーっ(汗)]




オホン、[たらーっ(汗)]


さておき、

ほどなく御岳山に到着、AM9時20分。

DSC00670.JPG

御岳神社にお参り、

ここに着くまでは誰一人合わなかったのに、

さすがに有名所、けっこう人が訪れています。

今流行りの山ガールなどもちらほら、

真新しい装備に身を包んでういういしいですなぁ~[ぴかぴか(新しい)]




DSC00674.JPG

それにしても天気は今1つ、先を急ぎます。


奥ノ院、鍋割山を経て大岳山。AM11時25分。

DSC00680.JPG

さすが奥多摩三山の一つ、

平日でも山頂は人が多い、

加えてお昼時ともなればナカナカの賑わい。

長居する気分にはなれないので、

おにぎりを2つほおばったらすぐに山頂を後にします。[ダッシュ(走り出すさま)]



ちなみに、奥多摩三山とは大岳山、三頭山、御前山のことで、

三頭山は2年前に登っているので

大岳山を登った今、残るは御前山のみ、

体力が残っていたら御前山まで足を延ばそうと考えていましたが、

4時間半ほど歩いたら膝の様子も少し怪しくなってきたので、

無理せず下山することに。



とはいえゴールの奥多摩駅まではコースタイムで3時間ほど、[たらーっ(汗)]

まだまだ終りではありません、

しかもこれからは降りメイン、

膝に1番負担がかかる場面、[たらーっ(汗)]

果たしてこのピンチをどう切り抜けるというのか・・・

・・・・

・・・・

・・・・

フッ、

ワタクシとてそれほど愚かではありません~

ちゃ~んと、降り用にダブルストックを装備していますよぉぉお!!



と、ここで、今週のにょごの格言。

『山に登ったならば、必ず降りてこなければならない。』

・・・・

・・・・


ん、

格言でもなんでもない?

意味不明?

・・・

そうですか・・・[たらーっ(汗)]

含蓄のあるいい言葉だと思うのだがなあ~[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]





ともあれ、

シャキーン』という効果音(自分で言った)とともにダブルストックを装備したワタクシは、

11時40分、意気揚揚と大岳山を後にするのでした。


降りの中間地点の鋸山まではいいペース、

DSC00682.JPG

が、ここでこれまでの蓄積が表面化、

恐れていた膝の痛みがとうとう出てしまいました。[爆弾]

しかし慌てずダブルストックを駆使し、

どうにか奥多摩駅まで下山。14時30分。

DSC00686.JPG



奥多摩駅からは電車を利用し白丸駅へ、

そして駐車場の愛機に戻って山行終了。


このようにこのエリアは、下山地点が入山地点と違っても、

電車やバスで比較的容易に入山地点に戻れるので、

いろんなバリエーションが楽しめそうです。


膝は痛くはなったが、

当初の耐え難い痛みではないので、

引き続きトレーニングを行う所存です。


てか、

第2弾、もう行きました~[グッド(上向き矢印)]

場所は、やはり奥多摩、

御前山です~

詳細は次回。
nice!(7)  コメント(12) 

三峰神社&妙法ヶ岳 [山歩き]

ちょっと前の話になりますが・・・


紅葉と足慣らしのために

11月4日、三峰神社に行ってきました。

DSC00623.JPG

駐車場から。




季節ごとに必ず訪れますが、

やはりこの時期が1番にぎわっています。

DSC00625.JPG

普段の平日はガラガラの駐車場も

この時ばかりは観光バスまで・・・


個人的には静かな方が好きなんだが・・・




ここで登山ブーツに履き替え、

たすきがけの簡易リュックに

いちおう、雨具、ヘッドライト、コンパス、水、食料をつっこんで出発。



まずは三峰神社。

DSC00638.JPG

DSC00627.JPG

DSC00629.JPG

DSC00630.JPG

DSC00632.JPG

DSC00634.JPG

紅葉とよく合います。



そして今日は、

DSC00636.JPG

ここに行きます。

妙法ヶ岳。

三峰神社の奥宮があります。


ここからは山歩き、

荷物が軽いので早足で飛ぶように進めます。


今回は歩き方を考慮。

今までは、体重が外側にかかる歩き方でした、

極端に言うと、足刀で歩いてるような感じ。

疲れてくると膝が外側に逃げ、

バランスを崩すことがままありました。


そこで今回は内側に意識を集中、

踵からつま先に確実に体重が乗るように歩く、

膝が外側に逃げないよう中心を意識して歩く。



神社から10分、

雲取山の登山道を分けて20分、

DSC00653.JPG

最後の急斜面を登ると、

DSC00641.JPG

三峰奥宮に着きました。


さすがにこの時間に(PM2時)ここに来る人は無く、

静かなひとときが過ごせました。


眺めも抜群。

DSC00646.JPG

三峰神社方面。


DSC00651.JPG

雲取方面。



しばしの休憩後、降り始めます。

膝に意識を集中し、

重心を中心に。


荷物が軽すぎるのと、

歩いた時間が短いのもあり、

膝の違和感は感じられず。


負荷をかけるために早足、

いや、小走り状態で駆け降りる。

20分で駐車場着。


さすがに僅かに違和感が出るが、

おおむねイメージどおりに体が動いたので、

まあ、満足して帰ってきました。


今度はもっと長いコースで確認ですなっ!!
nice!(8)  コメント(15) 

おにゅうアイテム&膝の調子 [山歩き]

登山ブーツを新調しましたぁ~

DSC00591.JPG

スカルパ トリオレGTXですぅ~




現用のライケルもまだ使えますが、

不満箇所が少々・・・

足のフィット感は抜群にいいのだが、

シューレース(ひらたく言えば靴紐ですな)が、

キッチリ締まりづらいし、緩みやすい、


構造的問題なのだが、

どんなにきつく締めても、

靴紐とブーツのベロが干渉しているので、

1時間も歩いていると緩くなって、

ホールド感が失われてしまう・・・


それでも、一定以上は緩まないし、

それ以外は大きな問題もないので、容認してきました。



しかし、

フラリと寄った、某登山用品店、

時間があったのでためし履きなどしていると、



上記の、スカルパ トリオレGTX。

フィット感抜群、

靴紐の締まり、良好、

足首のホールド、良好、

足さばき、軽快、

と、一気に気に入ってしまい、

気が付くと購入しておりましたぁ~^_^;


しかし、実際に山で使って見ない事には

ホントのところは解らない・・・






とゆー訳で、

10月27日、

雲取山に行ってきました~[るんるん]


紅葉ハイクです~[るんるん]

膝の調子も確認したいしね。




AM6時20分、

鴨沢から入山。

今回はダブルストック装備、

軽快に歩けます、


このブーツは3000m級の岩稜歩きとか、

2000m級の雪山及び残雪期まで対応しているので、

このコースには、オーバースペックの感があるが、

あまり重たさも感じさせず(片足750g)歩きやすい。

ライケルも同じ重量だがわずかに重たく感じるのは

重心の違いかもしれません。



そうこうしているうちに、

DSC00603.JPG

AM8時55分、七ッ石山着。

DSC00606.JPG

南アルプスが見えました。[グッド(上向き矢印)]

DSC00611.JPG

時期が早かったのか、今年は色付きがわるいのか、

紅葉はいまいちでした。


ここまではずっと登りでしたので、

膝はなんの問題もなし、

七ッ石山から本日始めての降りです。

傾斜はきつめ、ここが問題、

さて・・・

・・・・





むうっ!?

やはり右膝に違和感が・・・

具体的には右膝裏の外側、

この前と同じ箇所です。


まだ痛みは軽いのでストックを使って普通に歩けます、

これがひどくなると、右膝全体に痛みがおよんでくるんだよなぁ~[たらーっ(汗)]

七ッ石山の降りが終わると、痛みも消えました。

やはり痛むのは降りだけ、

ここから雲取山までは登りのみなので痛むことは無いと思うが、

帰りがチト心配です。



が、先のことを悩んでもしかたがない、[パンチ]

前に進むしかありませんよぉぉお!






稜線に出ると急に気温が下がります。

DSC00612.JPG

霜柱です。

水溜りには薄氷が張ってます。

DSC00613.JPG

山頂までもうちょっと。



そして、

DSC00615.JPG

AM10時15分、

雲取山頂上着。

富士山は見えませんでした。


早めの昼食をとり、大休憩。




そしてAM11時、頂上発。


いきなりの降りに緊張するが、

違和感はあるものの、痛みは強くない、

ダブルストックの効果も大きいですねぇ~



このコースは緩やかに登り、緩やかに降るので、

帰りの降りは大半が緩やかで膝も痛まないが、

たまにあるきつい降りではやはり膝が痛む。




どうにか折り合いをつけて、

PM2時、鴨沢に帰還。


すぐに愛機に乗り込み、

温泉[いい気分(温泉)]へGO!


DSC00621.JPG

丹波山の、のめこい湯です。

温泉で温まりつつ、膝はアイシング。


その効果か、翌日からは痛み無く過ごす事が出来ました。

(筋肉痛はありますが)



・・・・

・・・・

・・・・



今回解ったこと。

降りが原因で膝が痛くなるのではなく、

登りの時点でも膝に負荷がかかり続けていて、

それが降りでより強い負荷がかかった時に、

痛みとして現われる。


といったところでしょうか。





自分の今までの登り方、

ひいては普段の歩行の姿勢など

根本的に考え直さねばならんようです・・・・






とりあえず・・・

これに懲りずに、

できれば週一ペースぐらいで近くの低山に、

かよってみようかなぁ~などと目論んでおります~

もちろん無理はしませんが・・・・




果たして膝の痛みは克服できるのか!?

こうご期待なのであります!!(他人事かっ)[爆弾]
nice!(10)  コメント(10) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。