So-net無料ブログ作成
ドライヴ ブログトップ
前の5件 | -

旅行 [ドライヴ]

さて、

久しぶりに家族旅行というものに行ってきました~[イベント]


CIMG0039.JPG

贅沢にも車2台にて出撃。[るんるん]

箱根を通って

CIMG0052.JPG

CIMG0047.JPG

こんなトコ見たり、


伊豆スカイラインを疾走して修善寺。

CIMG0054.JPG

CIMG0058.JPG

CIMG0062.JPG


西伊豆に出て海岸線をひた走り、

CIMG0068.JPG

松崎、長八美術館



CIMG0095.JPG

そして民宿です。


近くの眺めのいい高台に神社があるというので

のこのこと、

CIMG0093.JPG

こんな石段を、

500段以上あるとのこと、[るんるん]

CIMG0078.JPG

CIMG0087.JPG

眺めはバツグン!!



しかし、暑くて大変っっ![晴れ]

ひとっ風呂あびて[いい気分(温泉)]海の幸に舌鼓。

CIMG0108.JPG

日が落ちるとこんな雰囲気、

海からあがってくる夜風が気持ちいい。

ゆっくり休みました。



翌日は、

やはり西伊豆の海岸線をひたすら北上。

CIMG0134.JPG

CIMG0135.JPG

井田と明神池。

残念ながら富士山は見えず。




沼津港にて昼食し、帰宅。





たまにはこんな旅行もいいかな。
nice!(8)  コメント(16) 

立山にゆくのですよ。 [ドライヴ]

ここ数年来行ってみたかった場所、立山。

なぜならそこには、

雄大な高原、天をつく山々が広がり、

また、何よりもあの有名な黒部ダムがあるんですからねぇぇえっ!!



ここまで揃っているのですから、通常の流れであれば、

即、出撃!!

というはこびとなるところなのでありますが・・・



なにぶん、我が愛機のみではたどり着けない場所。

ちょっと、二の足を踏んでいたのですよ・・・



しかしながら・・・

そう、

遂に機は熟したと言うのでしょうか、


それは夏にしては涼しい、ある夜明け前のこと、

私の夢枕に何者かが立ったのです。[ぴかぴか(新しい)]



男性とも女性ともつかず、

はては、人間ともそうでないともつかず、

優しい光に包まれたその『存在』は、


『立山にゆくのですよ。』


と一言、声に出すとは無く告げてきました。


『・・・・えっ!?』


私も声に出すとは無く聞き返しますと、

『存在』はニコッと微笑んだような気がしました。



と、その刹那、

目覚ましが鳴り、『存在』はかき消え、

後には、切り離されたようにポツンと私一人。



・・・・・・・[たらーっ(汗)]

・・・・・・・[たらーっ(汗)]

・・・・・・・[たらーっ(汗)]

マァ、真偽は別としまして・・・[たらーっ(汗)]


そんなこんなで、

立山に向けて、9月9日AM1時半、

愛機にムチを入れ、圏央道、中央道、長野自動車道と爆走するワタクシなのでした。

豊科ICで高速モードを解除し一般道へ、

目指すはアルペンルート信州側の玄関口、扇沢です。



マイカーの乗り入れはここまで、

ここからは、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、

そして最後にまたトロリーバス、

と乗り継いだ者だけが、立山最深地の室堂に降り立つことがかなうのです。



と言うわけで、AM5時20分、扇沢着。

CIMG2576.JPG

CIMG2575.JPG

無料駐車場をゲット!!

お行儀良く駐車。

CIMG2572.JPG

CIMG2580.JPG

広~い駐車場がありますが、ピーク時にはすぐに満杯に、

手前が有料(1000円)で奥が無料です。


扇沢の駅の後ろには、

後立山連峰が朝日を浴びてそびえていました。

CIMG2573.JPG

う、美しい・・・[ぴかぴか(新しい)]

否が応でもテンションが上がります[グッド(上向き矢印)]



トロリーバスの始発は7時30分、


えっ!何故にそんなに早く着いたのか!ですってぇぇえ!?

フッ、

それはですねアナタ、

混雑時は順番待ちになり、狙った時間に乗れなくなるからですよぉぉお!!

無料駐車場にも停めたいしね。


しかしながら、シーズン前の平日、

ワタクシの心配をよそに、駐車場もよゆー、順番待ちもよゆーとはこれいかに。

(それでも最終的に40人ぐらいは集まってました。)


とゆー訳で、時間までは、仮眠したり、うろうろしたりしつつ、

7時30分、トロリーバスに乗り込みます。

CIMG2578.JPG

ご存知でしょうが、上の架線から電気を貰いモーターで走ります。(けっこう速い)


後立山連峰を貫き、トンネルを走る事15分、

CIMG2581.JPG

黒部ダムに着きましたぁぁあ!!

CIMG2583.JPG

おおっ!早速の放流!

しかしゆっくり見ているヒマは無いのです。[もうやだ~(悲しい顔)]

CIMG2584.JPG

天端を渡り、

CIMG2589.JPG

もう1度振り返ってパチリ。

帰りにゆっくり堪能する予定です。

次はケーブルカー。

CIMG2594.JPG

このケーブルカーはトンネルの中を運行するので、展望はありません。

そして黒部平に到着。

CIMG2597.JPG

CIMG2599.JPG

おおっ!眼下に黒部湖が見えます。

CIMG2600.JPG

そして行くてには雲をまとった立山連峰が超然とそびえます。[ぴかぴか(新しい)]


次は、ロープウェイにて大観峰へ、

そして、またトロリーバスにて、こんどは立山連峰を貫きトンネルを突き進みます。

そして、

遂に、

遂に、立山最深部、室堂にたどりつきましたぁぁあ!!

CIMG2611.JPG

AM9時30分立山の地を踏みしめるワタクシ。

CIMG2609.JPG

後ろに見えているのが、立山のシンボルとも言える雄山、そして大汝山です。




さて、ここに至り、

賢明な皆様方は、感づいていらっしゃることと思いますが・・・

そう、

山に登るんですよぉぉお~っ!!

後ろに見えている雄山か?

大汝山?

はたまた、立山縦走か?


たしかに魅力的ではありますが、今回は違います。

ヒントはこちら。

CIMG2613.JPG

この後ろから顔を出している山に登ります。[るんるん]

答えは次回に、(^_^;)
タグ:立山 室堂
nice!(3)  コメント(6) 

お台場ガンダム [ドライヴ]

嗚呼、

どっか高い山に登りたいなぁ~

と思う今日この頃。

しかし、最近天気が安定していないのと、

体調がイマイチなのとで山に行けてないワタクシ。[バッド(下向き矢印)]



なんか面白い事ないかなぁ~

とふさぎぎみだったんですが・・・・




新たなミッションが発令されました!!



なんと大胆にも、連邦の新型、そうあの白い奴が

お台場に現われたと言うじゃあ~りませんかっっ!!



これは是が非でも、偵察し、索敵し、

その姿を我がマイクロフィルムめに収めなければっっ!!



[たらーっ(汗)]とゆーわけで、

先日お台場まで、我が愛機、ステルスZ33を駆って撮影をば・・・



ターゲットはお台場の潮風公園に出没しているとの情報、

しかし、同公園のパーキングは30~40分待ちが当たり前らしい。

アホか、と思い少し離れたパーキングに我がステルスを隠す。

CIMG2432.JPG

待ち時間0秒にてこのゆとり。[手(チョキ)]



ここからは徒歩にて、

物影に身をかくし、

ヒラリ、ヒラリと人目をかわし、身をひるがえしつつ、10数分。

ターゲットがいるという「ポイントG」に近づきます。


すると、

木々の上から、

CIMG2362.JPG

おおっ!!

奴だっ!!

ようし、気付かれないように後ろから・・・

CIMG2364.JPG

CIMG2367.JPG

もっと近付けるかな・・・

CIMG2370.JPG

CIMG2371.JPG

もっと細部を・・・

CIMG2368.JPG

CIMG2369.JPG


ヨシッ!

思い切って前からだ!!

CIMG2378.JPG

CIMG2376.JPG

CIMG2377.JPG

CIMG2375.JPG

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・








そうっ!

1/1ガンダムでしたぁ~[るんるん]

18mですぅ~[グッド(上向き矢印)]

実物はやはり迫力が違う!![パンチ]


CIMG2382.JPG

CIMG2380.JPG

CIMG2379.JPG

カメラアイが光ってます。[ひらめき]

CIMG2383.JPG

CIMG2384.JPG

CIMG2385.JPG

細部までしっかり作りこんであります。



すこし並ぶと、

CIMG2392.JPG

CIMG2387.JPG

触る事もできますよぉぉお!!

思わず、

「何っ!このモビルスーツは戦艦なみの装甲をもっているというのかっ!」

と言う台詞を発したくなります。

しかしさすがにルナチタニウムじゃなく、FRPでした。




CIMG2398.JPG

CIMG2399.JPG

CIMG2404.JPG

けっこう人が集まってます。

CIMG2413.JPG

コクッピット開かないかなぁ~



時間がくるとちょっとしたアクションをおこします。

毎30分には、首を左右に振ってくれます。

そして、毎00分には排気孔から煙をはき、首を左右、

最後に天を仰ぎます。

それぞれナレーション付き。


CIMG2419.JPG

CIMG2416.JPG

CIMG2422.JPG

CIMG2423.JPG

CIMG2426.JPG

CIMG2428.JPG

CIMG2429.JPG


1時間半ほど堪能し、

任務完了。



帰りもヒラリ、ヒラリとステルスにて帰還しましたぁ~



いやぁ~、

いいですねぇ~1/1。

今度は鉄人でも見にいこうかなぁ~(笑
タグ:ガンダム
nice!(5)  コメント(10) 

柳沢峠 [ドライヴ]

18日は、柳沢峠に偵察に行ってきました。



って、本当は17日に行ってきた、

筑波山、ア~ンド、ラーメンはしごについて書こうと思ってましたが、

時間がかかりそうなので、後日。

あしからず・・・



んで、なぜに柳沢峠かといいますと、

エー、ワタクシ近々、大菩薩峠に雪山気分など満喫しに行こうと画策中なのですが、

アプローチをどうするか、なんですよねぇ~

411で奥多摩湖をぬけて柳沢峠をこえて行くか・・・

中央高速を利用し、勝沼から行くか・・・


夏場なら迷わず、411コースなんです。

走ってて楽しいし、料金もかからない、

んが、この時期、路面凍結や雪が怖いんですよねぇ~

対して、中央を使えばよっぽどのことがない限り路面は安定しています。


・・・・・

マァ、ちょっくら様子見てくんべぇ~

と出かけた次第です。(^_^;)



ブ~ンと411をひた走り、奥多摩湖、丹波、と残雪はありますが、まだ大丈夫。

落合をすぎると、道路わきの雪の量がとたんに増えてきます。

慎重に愛機を操り、なんとか柳沢峠に。

P1000002.JPG

レストハウスの駐車場です。

P1000003.JPG

標高、1472mです。


で、気付きましたぁ?



富士山が見えてますよぉぉお!


こんな曇った日に見れたのは初めてでした。(@_@)

P1000004.JPG

携帯のカメラなので画像悪いですが、

幻のような姿が美しかったです。



・・・・

大菩薩の登山口はもっと下ですが、この先はあまり雪はありませんので、

ここまでで偵察は終了。



んで、どうするかだが、

この様子なら峠越えでもいけそうだが、

実際に走るのは早朝。

雪は無くても路面はカッチカチでしょう、

やはり、中央ルートで行った方がリスクは少ないなぁ・・・


・・・

さて、いったい、どんなコースで行く事になるのか?

そもそも、雪山気分は満喫できるのか?


こうご期待なのであります。^_^;



って、その前に筑波山、ア~ンド、ラーメンはしご、UPしまぁ~す。

nice!(7)  コメント(12) 

ぶらっと青森 [ドライヴ]

いきなりつづきから・・・


パッチリ目覚めた6時半、[目]

昨日は早くオネムしたので気分爽快です。[グッド(上向き矢印)]

窓を開けると、なんと快晴[晴れ]

イヤハヤ、日頃からの行いが試されるのはこんなときだナァ~(^.^)

ナア~ンテ。



ひとっ風呂浴びて、朝飯を食べたら出撃します。[ダッシュ(走り出すさま)]

まずは十和田湖。

2268820

1番眺めが良いと言われている瞰湖台です。

落ち葉の中に愛機を停めて・・・

眺める景色はぁぁ・・・

2268818

んん~ん、ダイナミックぅぅう[exclamation×2]

まさにカルデラ湖ってゆう感じです。

遊覧船がぐる~っと輪を描いてました。[船]

諸事情により遊覧船には乗らず・・・


昨日に引き続き、奥入瀬へGO[exclamation]

晴れバージョンもみておかないとネ。

2268809

2268810

2268811

2268812

昨日見れなかったトコも見れて、満足したら・・・

八甲田に向かいます。[車(セダン)]

2268821

ダケカンバの中を走り抜ける林間コースです。

キモチいいぃぃ~[exclamation×2]


目的地に着き、周りを見回すと、

2268822

2268823

何というか・・・

関東では見られない景色ですよねぇ、



さて、みなさんは、八甲田と聞いて何を思い浮かべるでしょう、



やはり私は、雪中行軍遭難事件です。

小高い丘の上には、記念像が立っています。

2268831

2268830

近くに資料館がありますが・・・

胸に迫るものがあります・・・



2268823

こんな美しい景色も、冬が来るとすっかり雪に覆われてしまうそうです。




自然は偉大だ・・・




さて、神妙な面持ちで彼の地を後にして、

次なる目的地は・・・

八甲田ロープウェー。

2268833

いきなり乗り込み、上空からの眺めです。(^_^;)

山の向こうに青森の町が一望できました。



山頂に着くと気温は3度[exclamation&question]

しかも、風が吹きつけ、体感は零下です。(-_-)

1300メートルほどですが、緯度が高いため、こちらでの3000メートル級と同じ気温だそうです。

擬似アルプス体験してきましたぁ。(笑

2268835

山頂からの眺め。

2268840

2268841

ロープウェイの発進シーンを撮っていたらすっかり凍えてしまいましたので、

温泉[いい気分(温泉)]に行く事にしましたぁ。


2268842

2268843

酸ヶ湯温泉です。

巨大な「ひば千人風呂」が有名です。

木造の趣のある温泉でした。


あっ、そうそう、ココ、混浴なんですよぉ、

私が入った時は、妙齢の女性が3人ほど・・・






年の頃は60~70・・・(爆


いやぁ、女性は入りにくいでしょうねぇ、




温泉で温まったら、いい時間になりましたので、帰途につくことに、

ブーンと十和田ICにPM5時半。

ETCの深夜割りの時間を計算しながら、12時半、浦和IC着。

帰りは、食事と休憩ぐらいなので、スッと帰ってこれました。



しばらくはロングドライヴはいいかなって感じです。

う~ん、来年ですかな。
nice!(4)  コメント(7) 
前の5件 | - ドライヴ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。