So-net無料ブログ作成
乗り物 ブログトップ

下ノ廊下 番外編(列車の旅) [乗り物]

さて、

なんとか欅平駅にたどり着いたワタクシは、

早速、宇奈月まで始発のチケットを購入。



なぜに、始発にこだわるのか?

それは、一般観光客の流れに関係しているのです。


通常の観光客は、宇奈月からの往復切符を買っています。

第一便の観光客が、わらわらっと欅平に来て、

さて、戻ろうか、という時間帯が、10時から11時ぐらいなので、

この時間帯に、欅平から当日券を買おうとしても、

席がとれない場合が多いのです。


その点始発ならば、まだ、観光客は多くないので、

余裕で席が取れるということなのです。




という訳で、

余裕でチケットゲット。

本来、膝が正常ならばもっと早く着いて、

付近を散策するつもりでしたが、

もう時間がない、[あせあせ(飛び散る汗)]

トイレに行って、お茶を飲んでいると、

ちょうど改札が始まりました。


早速ホームへ、

DSC00470.JPG

いました。[揺れるハート]

これに乗っていくのです。[るんるん]

黒部峡谷鉄道、

別名トロッコ列車です。


乗るのは4人、

ワタクシとナイスミドル氏、そして、観光客の夫婦1組、

まさに貸切状態です~[グッド(上向き矢印)]

DSC00481.JPG

これが、今回乗る車両。

リラックス車両といって窓付きです。

ホントは一番スタンダードな吹きっさらしの車両の方が、

臨場感が合ってよかったんですが、

始発はこの車両のみとのこと。



そして出発。

ワクワクしてきましたぁ~[揺れるハート]



列車は峡谷の中を走って行きますが、

今までさんざん水平歩道を歩いてきたワタクシにしてみれば、

いささか物足りない景色と思えてしまうのでした。(-_-;)


しかし、楽しみは景色だけでは無い!!

DSC00473.JPG

小屋平ダム。

DSC00479.JPG

出し平ダム。

景色そっちのけでダムを撮ってましたぁ~(笑

DSC00483.JPG

すれちがう車両にはけっこう観光客が乗ってました。


DSC00489.JPG

川面がやがてエメラルドグリーンの湖に、

DSC00493.JPG

お城のような建物は、

新柳河原発電所です。

DSC00495.JPG

宇奈月ダムが見えてくると、

トロッコ列車の旅も終了。

宇奈月駅、AM10時38分着。


ここでナイスミドル氏とお別れ、

氏はPM12時07分の宇奈月温泉発に乗ります。

ワタクシは魚津から糸魚川までの特急券を予約してますので、

PM1時18分の宇奈月温泉発に乗ります。

が、糸魚川で氏の列車に追いつきますので、

また合うことになるんですが・・・^^;

・・・

・・・

さて、2時間40分の余裕にものをいわせ、

見に行く先はぁぁあっっ!!



DSC00499.JPG

もちろんダム。

宇奈月ダムです。

駅からてくてく20分、

さっき車窓から見たばっかですが、

やはりゆっくり見ないとね。

DSC00500.JPG

DSC00501.JPG

忘れずにダムカードをゲット!!

DSC00508.JPG

ダム操作室をのぞくことができます。[グッド(上向き矢印)]

DSC00504.JPG

裏側から見てもカッコイイダムです。

DSC00505.JPG

この橋の湾曲具合もイイです。



ゆっくり堪能したら、宇奈月温泉駅に向かいます。



次は温泉。[いい気分(温泉)]

山行の汚れを落として電車に乗りたいですからねぇ~

探すのは面倒なので、

一番先に目に付いたとこに入ると、

町の公衆浴場でした。^_^;

おじいちゃん達と一緒に入浴ぅ~

石鹸もシャンプーもなかったけど、

いいお湯でしたよ~



お風呂から上がって、昼飯をたべたら、

ちょうどいい時間。

宇奈月温泉駅に・・・

富山地方鉄道です。

DSC00514.JPG

こんな電車。

発車まで少し時間があったので、

ホームをうろうろしていると、

なんか見たことある電車が・・・

DSC00515.JPG

なんと!!

我が地元、西武鉄道で走っていた、

「特急レッドアロー」の旧車両じゃあないですかっっ!!

今この車両は西武鉄道では走っていませんが、

ここでは現役としてバリバリ働いているようです。

嗚呼、はるか遠い富山の空の下で巡り合うなんて・・・

ちょっとテンションが上がりました[グッド(上向き矢印)]

・・・

さて、

富山地方鉄道で、がたんごとんと新魚津、

歩いて、JR北陸本線、魚津駅。

ここで越後湯沢行きの特急「はくたか」に乗ります。



んっ、

DSC00517.JPG

こんな車両を発見。

カッコイイ・・・

働いてるトコが見てみたい・・・


そうこうしているうちに「はくたか」登場。

DSC00518.JPG

2駅、32分だけ乗って、糸魚川で乗り換え、

JR大糸線です。

DSC00521.JPG

ディーゼル車です。


乗り込むと、

はたして、ナイスミドル氏がちゃあんと座っていました。(笑



糸魚川から南小谷まで1時間、

ここでまた乗り換えです。

おなじJR大糸線ですが、

この南小谷駅が、JR東日本とJR西日本の境界なのです。

糸魚川から南小谷までが、JR西日本。(ディーゼル)

南小谷以南、松本方面はJR東日本。(電車)

となっているのです。


DSC00522.JPG

これがJR東日本、大糸線。


そして揺られること、57分、

PM5時07分、信濃大町着。


あ~、やっと着いたぁ~、

って、

ゆっくりしてはいられません!

PM5時10分に扇沢行のバスが出るんです!!


走るナイスミドル氏とワタクシ。[ダッシュ(走り出すさま)]

ずっと座っていたため、足の感覚がおかしい、

とナイスミドル氏。[あせあせ(飛び散る汗)]

ワタクシは膝が痛くてうまく走れない。[あせあせ(飛び散る汗)]


2人でヒイコラ、バス停留所へ、

十分、間に合いましたぁ~^_^;



そして、PM5時50分、扇沢着。

やっと、愛機とご対面[揺れるハート]


ナイスミドル氏とはホントのお別れです。

お疲れ様でしたっっ!!



さて、

これから一路家路に・・・



って、

まだ帰りませんよぉぉお!!


実は、大町温泉郷に宿をとってあります。

今日はゆっくり体を休めて、

翌日は・・・




もうちょっと続きます。^^;


nice!(6)  コメント(8) 

水陸両用 [乗り物]

なんでも、水陸両用のバスがあるらしい。


マッ、こんな情報だけなら

「ふぅん、そうなんだぁ、乗ってみたいナァ。」

てな感じで、記憶の片隅に追いやられてしまいそうですが・・・


ところがですよ、これが、航行するのは実はダム湖[exclamation]

さらに、ダム内部の見学及び、キャットウォークを歩ける[exclamation×2]

となったバアイ、アナタ、どうなりますかっ[exclamation&question]

当然、強襲ってことになりますわなぁ。

しかるに、そんな都合のいい、ダム好きにやさしいツアーがあるんでしょうかっ[exclamation&question]




って、あるんですねぇ、これがっ[るんるん](^o^)

って訳で、10月31日、栃木県は湯西川まで、行ってきましたぁ~



実は、このツアー、昨年試験的に行われていましたが、

好評だったため、今年から本格的に実施されたのでした。

当初の期間は、7月19日から11月3日まで、

紅葉が見たかったため、私の休みとの兼ね合いを考慮し、

ぎりぎりの10月31日を予約。

しかし、なんだかんだと好評らしく、11月30日まで期間が延長されました。

くぅっ、それならもう少し余裕のある日程が組めたのにぃぃい、(-_-;)

マッ、しょうがないですなぁ、



1日5便就航していまして、私が乗るのは最終の15時半からの便です。

このあたりは、ダムカードをもらえるダムが3基ありますので、

ダム巡りをしてからツアーに参加の予定。



ブーンと関越、北関東自動車道、途中で降りて渡良瀬川沿いを日光に北上。

しかし、日光に着くといきなりの大渋滞(-_-;)

大幅なタイムロスを余儀なくされます。

今市から121を北上し、まずは五十里(いかり)ダムを目指します。


2268849

着きましたぁ[揺れるハート]

2268844

2268847

2268845

2268848

ダムカードを貰ったり、ウロウロしたりしてたら、

タァァイムアァァッップ[爆弾]

結局、日光でのタイムロスが後を引いて、

残り2基のダムは見れずに、ツアー発着地点の、道の駅湯西川へ・・・(T_T)

2268850

受付を済ませ待っていると、

ん、なんだかやってきたぞぉぉ、

2268851

思ったよりデカ・・・[たらーっ(汗)]

2268861

おおっ!すくりゅ~が付いてマスよぉぉお[exclamation×2]

2268863

アッップ[exclamation×2]

2268867

昨年は、外国製の車両だったそうですが、

今年から、日本製の車両にチェンジしたそうです。(国産化第一号)



早速乗り込み[ダッシュ(走り出すさま)]ツアーにGO[exclamation×2]

走り出すと窓がないため、(水上航行する時の安全上の理由でサイドの窓が付けられません)

さみぃ~、さみぃ~

2268869

トンネルに入ったりすると寒さ倍増[雪]

やがて、川治ダムに着きます、と、

川治ダムのダム湖である、八汐湖に・・・


ザブ~ンとダイブ[あせあせ(飛び散る汗)][exclamation×2]

2268870

けっこう、水しぶきが上がりましたが、これは水しぶき後。

2268871

入水すれば、後はのんびり遊覧航行。

2268885

2268888

紅葉もまあまあきれいかな。

しばし楽しんだのち、陸に上がり川治ダムへ、

バスを降り、ダム見学です[るんるん]

2268895

2268893

2268894

こんな運転席。


さて、ダム内部を通って、キャットウォークを歩きます。

2268903

ダムを横切る線みたいなのがありますよねぇ、上から2番目のトコを歩きますよぉ。[るんるん]

2268905

おっ、前の組が歩いています。[目]

2268904

ズゥ~ム[exclamation×2]


待つことしばし、順番がきましたぁ。

まずはエレベーターで降り、

2268906

しめった細い通路を出た先は・・・

2268907

オオォォオ[exclamation]

2268908

オオォォオ[exclamation×2]

2268922

オオォォオ[exclamation&question]

地上60メートルだそうです、

あまり高度感はなかったなぁ~

でも、念願のキャットウォークを歩けて、満足の私でした。[揺れるハート]


2268924

非常用の通路です。

エレベーターが使えない時に使うそうです。

45°ぐらいの急角度・・・

降りてみたい・・・(^。^)



さあ、風通しのいいバスに揺られ、道の駅に戻る頃は、

すっかり黄昏てしまってましたので、

一路、帰途につくのでした。



・・・・・
・・・・・
しかし、ここまできてダムカード2枚ゲットできなかったのは悔しい・・・(T_T)

近い内・・・いや、来年リヴェンジかなぁ・・・[パンチ]


nice!(3)  コメント(12) 
乗り物 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。