So-net無料ブログ作成
検索選択
ハイキング ブログトップ
前の5件 | -

無念!! No.2 [ハイキング]

う~んとぉ~・・・・・・




マタ寝坊しまシタ。(~_~;)・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



と言うのはウソです。(^_^;)

さしものワタクシも2日続けて
寝坊の愚を犯すようなたわけではありませんゆえ、

今回はAM3時にパッチリ目が覚めました。


が、しかぁ~しっ!!


外は大雨。(・・;)

おまけに、雷までゴロゴロいいだすしまつ。


「無理だわ、コリャー。」(T_T)

一声嘆いて、布団をひっかぶったのでした。




そして、AM8時。
パッチリと目を覚ましますと・・・



「なんじゃぁ~!コリャ~ぁぁ!!」

「ははは晴れとぉ~るやんけっっ!!」

そう、未明のどしゃ降りがウソのように日が射してます。



とりあえず、洗車。(笑

1896974

1896976

ピカピカになった愛機を眺めながら一思案。

この後出かけて帰って来れるような山(トコ)ないかなぁ・・・


という訳で、奥多摩へと愛機を飛ばします。

目的地はココ。

1896893

奥多摩周遊道路の中にある「都民の森」です。

ここから、三頭山(1531m)を目指します。

エッ、お前都民じゃないだろうですって~ぇぇ。

マァ、ご愛嬌ってことで、

てか、御察しのとおり、何民でも入れます。^_^;


そんなこんなで、12時20分、都民の森、ゲート出発。

1896945

都民の森外周をぐるっとまわって三頭山に到達し、また外周をまわって、もどってくるコースです。

途中まではとっても整備された道。

1896897

細かい木片がちりばめられた、フカフカの道です。

1896902

こんな感じ。

1896906

周遊道路も良く見えます。

1896924

三頭ノ大滝を見た後は、普通の山道です。

1896926

大沢山。

1896928

三頭山西峰。

1896930

富士山が見えるらしいですが雲にて見えず、(T_T)

1896931

三頭山東峰。

1896933

嗚呼、こんな天気になるとわかっていたら、大菩薩嶺にいったのにナァ・・・


戻って、約2時間。

マァ、けっこういい運動になりました。

アッ、今回の目的のひとつ。

1896966

CW-X、スタビライクスです。
いわゆる、サポートタイツです。(畳んであるのでわかりづらくてスイマセン)

ナカナカの評判だったので、使ってみました、

が、イイですよぉ、コレ。

疲れづらいし何よりひざが楽!!

山に登り始めてから、けっこうひざに来てたんですが、

コレなら安心できます。

暑い中歩いても、快適だし、手放せなくなりまシタ。(^o^)


そして、シメは温泉

1896948

1896947

数馬の湯で汗を流して帰ってきました。


地元に帰って散歩してると、

1896965

1896964

1896963

積乱雲に夕日が映えてきれいでした。

そのうち、ピカピカしだして、

1896950

1896951

1896960

1896962

光の饗宴、

のち、雷雨となりました。


ヨォーシッ!来週こそは!!

両神山 [ハイキング]

サテ、筋肉痛もさすがに鳴りをひそめてきた今日この頃、

階段の登り降り、
歪みそうになる顔を懸命にこらえて
冷静を装わなくてもよくなったのが少し寂しいワタクシです。


でぇ~~~~~~っ!!


失った筋肉痛を取り戻すためっ!!



・・・・・・・・・・・


というわけではありませんが、

5月21日、またしても行ってまいりました。(^^)

今度のターゲットは、『両神山』です。

理由は・・・

特にありませんが、^_^;

日本100名山の1つということと、
やっぱり、秩父が好きっていうことと、
あと、名前がなんとなく格好良かったから・・・

てなかんじで、早速、GO!!

AM3時40分起床、ゆるゆると準備して4時20分出撃。

お決まりの299にて秩父へ1時間弱!! 早朝バンザイ!!

チョット140を走ったら、ミューズパークを突っ切って再び299、小鹿野方面へ、

37へ左折して、チョット走ったら、279へ、

しばらくは広い道ですが、すぐに車1台分ぐらいの道に、

細かい落石もあるので気を付けつつ進んで、

車道の最終地点、日向大谷に、6時00着。

駐車場は、第1、第2、第3とあり、計40台くらい止められそうです。

でも、シーズン中、特に休日は、
すぐにうまってしまうらしいですので
早めに行くのがいいみたいです。

私が、着いた時には、すでに3台ほど止まってました。
そのすぐ上に、両神山荘があり、そこの駐車場にも何台かとまってましたが、
前日泊の人でしょう。

早速、第1駐車場に愛機を止めて、6時15分登山開始。

1756818

登山口付近から、駐車場を覗いたところ。

1756815

1756789

こんな沢を何回か横切り、

1時間半ぐらいでしょうか、中間点の清滝小屋付近から、
やっと、山頂が拝めます。

1756811

ひたすら歩き、途中の両神神社です。

1756809

1756808

1756807

これは、狼だそうです。

1756806

ここまで来る途中で、4組ほど追い抜いたでしょうか、
マア、皆さん熟年の方々で、ゆっくり山を楽しんでいらっしゃいました。

しかし、皆さんけっこう遠方からいらっしゃってまして、
岐阜、静岡愛知、とバラエティ豊かでした、サスガ100名山。
中には、100名山の内50は登って、今日が、51番目というつわもの夫婦や、
わんこと一緒に登ってる、おばさま方のパーティも、
白い秋田犬かなぁ、ナカナカ賢いやつで、おばさま方を先導して歩いてました。(^.^)
う~んパチリしとけば良かった。

こんな鎖場もあり、

1756810

やっと着きましたぁぁあ!!

1756793

8時20分、両神山山頂着。

1756792

1756795

1756790

山頂からの眺めもまた格別。

こんな時に、携帯カメラしかないなんてぇぇえ!!(T_T)

あまり、パチ、パチリしなかったので、あんまり画像ありません。m(__)m

もっと雰囲気知りたい方は・・・・

・・・・・・・・


実際、登っちゃって下さぁぁい!!

ナンテ、スイマセン。

しばらく、景色を堪能して、9時00頂上を後に。

スタスタと歩を進め、10時30分、下山、駐車場着。

途中何組かとすれ違いました。やはりだんだん増えてきました。

平日というのに、サスガ100名山!

ちなみに、前回の武甲山では、

誰っ1~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~人っ!!たりとも会いませんでした。(-_-;)

あっ、猿には遭ったなぁ・・・・・・

いかに寡黙なワタクシとはいえ、
ある程度は人がいないと寂しいかなぁ。


というわけで、シューズを履き替え、しばしくつろぎ、

1756788

雨上がりの、山道で、なかなかの汚れようです、
まだ、買って1ヶ月半ぐらいなんだよなぁ・・・

マァ、おろしたて感がなくなっていい感じかなぁナンテ、
もちろん、我が家に着いたらすぐに手入れしましたよぉ。


で、くつろいだら、マタマタ温泉デス。
先週に引き続き、『両神温泉薬師の湯』です。
ゆっくり、温泉につかり、休憩室でゴロ寝して、
まったりしてきました。

帰りがけに、合角ダムなど見てきましたが、
異常ありませんでしたので、画像なしです。m(__)m



サテ、来週は、滝沢ダムの天蓋も見れる予定なので、強襲ですなっ!!

ということは、また、秩父付近の山に登るわけですなぁ・・・

ドコにしましょうかぁ、

って、完全にセットになってしまってますがなっ!!

武甲山 [ハイキング]

このところ、ズッと天気が悪かったですねぇ。

ここ数日、天気予報とにらめっこしていたワタクシ。

ナゼって、・・・・そりゃあ、・・・・・


『山に登りたいからですよぉぉぉお!!』


私のハートには、ジュディさんや、トーリィさんによって、『ボッ!』と火がともされてしまいましたので、

ここ1ヶ月ぐらいの間に、装備を揃えたり、地図や、本を手に入れたり、おおわらわでした。
(マッ、その準備段階がマタ楽しいんですが。)

やっと、装備が整い、出かけた石割山に、妙法ヶ岳。

いや~あ、すっかりはまってしまいましたねぇ。

で、今週の休みは、5月15日、1日のみ。

当然、天気が気になる訳です。

スルト、神か、悪魔のはからいか、ちょうど晴れるというじゃあ~りませんかっ!!

これはもう、出撃するしかありませんなっ!

今回のターゲットは、『武甲山』です。

299から秩父に入ると、1番最初に目に付く山です。

1732652

こんな山です。

この山は、石灰岩採掘のため、山肌が大きく削られていますが、
その、独特の存在感により、いつも気になっている山でした。

しかしながら、この外観ですので、最近まで登れるとは思ってもいませんでした。

山に興味を持ち出して、いろいろ調べていくうちに、
けっこう、有名なハイキングコースがあると判明。

となれば、『急襲』となるのが当然の流れという訳で・・・


で、ブ~ンと行ってきました。

AM4:00起床、ゆっくり準備して、4:45出発、
飯能バイパスから299を北上、秩父へ。
いつもはどんなに空いてても、1時間半はかかりますが、
さすが、早朝、ワープを重ねて、1時間で着きました。

サテ、コースの起点ですが、横瀬から入って、生川沿いを、というのが一般的らしいですが、
私は、浦山、橋立堂からのコースを選択。
ナゼって、・・・だって近くに浦山ダム、秩父さくら湖があるんだも~ん。(^_^;)

で、秩父市街から浦山へ、

ウ~ン、けっこう霧が出てますねぇ、大丈夫かぁ。
でも、すぐに晴れるという予報もあり、少し待つ事に、

1732576

こんな感じです。

しばらくすると、霧もスッカリ晴れてきましたので、
橋立鍾乳洞の駐車場に愛機を止めて、
6時15分、出発。

しばらくは、車道歩き、
てか、車道とは地図に書いてありますが、
なんとか、車、通れますよぉ~、という道、

その車道が途切れると、沢沿いを歩きます。

1732577

1732578

沢の流れが小さくなった頃、長者屋敷の頭、という尾根に行くのですが、
なんでも、子連れの熊が出没しているみたいで、注意をうながす看板がそこかしこ。

一瞬、こぐまっ!と思いましたが、母熊にキレられるのは怖いので、
やむなく、コースを変更。
シラジクボという所を経由して、山頂を目指す事に、

1732579

1732581

こんな眺めを経て、

1732599

ここがシラジクボ。

1732601

武甲山山頂が見えます。
ここから見ると、山肌がきれいで、いつも見ているのと同じ山とは思えません。

1732602

少し登って振り返ったところ。
ちょうど真ん中の、白くなってる空き地がシラジクボです。

しっかし、標識にたがわず、すごぉく急でした。(-_-;)
10m登っては、ハァハァ、また10m登っては、ヒィヒィ、

こんな、ハァハァ、ヒィヒィ、を繰り返して登った先わぁぁ!!

1732605

やっと、着きましたよぉぉお!!
8時45分、武甲山山頂です。

と、ここでトラブル発生!
なんと、コンデジが突然フリーズし、そのまま昇天・・・

オオゥウ!こんな大事なときにぃぃ!!

・・・・

そんな訳で、これからは携帯の画像です。



1732621

秩父市街地です。

1732620

奥武蔵の山々が一望できました。

しかし、この真下では、豆粒に見える、重機がうごめいて、石灰を採掘しています。
フト、現実にもどされる風景でした。

山頂付近には、御嶽神社があるのでおまいりを忘れずに。

1732603

朝飯を食べてゆっくりしたら、下山コースへ。

まずは、先ほどのシラジクボに降りて、
こんどは尾根を伝って、小持山へ、

1732625

2本の木が門のようでした。

1732627

途中で、振り返って見た武甲山。

傷1つない南側の顔と、傷だらけの北側の顔、どっちも私は好きですねぇ。

1732629

そして小持山です。

ここから眺める奥武蔵の山々も緑が美しかった。

1732632

サテ、ここから、高ワラビ尾根、タワ尾根と下り、秩父さくら湖に至るのですが、
尾根下りの画像はありません。

ナゼって、・・・・

けっこう大変だったんですよぉぉお!!

このコースは、あまりメジャーではないらしく、
少し道が不明瞭な箇所が・・・
加えて、連日の雨で、すべりやすく・・・
でも、要所要所にリボンが結ばれていて、
地図とコンパスで確認しながら、何とか無事に秩父さくら湖に。
イヤァ、初心者の私にはちょっとキビシかったかも、ひざが痛ぇぇえ!!

あっ、途中でサルに遭いました。
靴紐を結びなおしている時に、何かの鳴き声が、
フト見ると、10mぐらい先に、奴の姿が、
こっちを見ていました。
刺激しちゃいかんと思い、無視して、紐を結んでたら、そのうちどっかいってしまいました。
ふぅーっ、くまさんじゃなくて良かったぁ。

1732645

1732646

やっと見えた秩父さくら湖。
ここまでくればもう安心です。

ンンッ!いや、イカァアン!!家にたどりつくまでが、ハイキングなんですよぉぉお!!

ということで、油断せずに、湖沿いのホントの車道を歩きます。
駐車場まで、40分ぐらいかな、

フト見るとバス停が、
時刻表を見ると、ナント1分後に来る模様。
オオゥ!渡りに船!!
すぐにやってきましたので乗せてもらう事に。

バスといっても、市営の乗合バスで、ワンボックスでしたが、
クーラーもきいてて快適だったぁ。

15分ほどで、なつかしき、我が愛機のもとに、
オオゥ!やっと着きましたよぉぉ!!
12時10分着、
全行程、約6時間でした、サスガに疲れた。


がっ!

私の任務はまだ終わってませんよぉぉ!!

愛機で、浦山ダムにもどり、ダムをめでつつ昼飯を、

そして、第二攻撃目標の滝沢ダムへ、
今日こそは、天蓋広場、開放されてるんだろうな、
と、着きました。

が、ふざけんなぁぁあ!!

1732650

まだ工事中で、立ち入り禁止とはこれいかに。

やむなく、入れるトコまで行って、パチ、パチリしてきました。 クゥッ。

1732648

1732649

1732651

この前より、わずかに中に入れましたが・・・

また来週も、来襲じゃあぁぁあ!!


帰りは、両神温泉薬師の湯にて、傷ついた心と、疲れた体を癒してきました。

ヤッパ、温泉はイイッ!!


後はまっすぐ帰りました。


サービスショット。

1732653

我が家に住んでる、ヤモリです。
たまにガラスにはりついてマス。
ナカナカかわいいですが、ちょっかい出しちゃいけませんよぉ。



サテ、現在のワタクシ、筋肉痛、全開バリバリです。
こんな、筋肉痛になったの、いつ以来かなぁ、

デモ、この感覚、キライじゃナイゼッッ!!

って、誰だよっ!!


・TAKさん、・九神さん、・judyxxxさん、・トーリィさん、
nice!どうもありがとうございました。

三峯奥宮 [ハイキング]

5月7日、石割山に登り、三保ダムを訪れ、
おなかいっぱいになったワタクシ。

翌8日も休みでした。

筋肉痛と戦いながら、前日の疲れを癒していると思いました?

それとも、いつもの奥多摩にブラッと出かけているとでも?

・・・・・・


どっちも、否ぁぁぁあ!!


8時半頃出発して、奥秩父は三峰に急ぐ、私がいました。

そう、1度『ボッ!』と火が着いてしまった私の心は、そう簡単に消す事は出来ませんっ!

石割山から降りてきた時には、明日はどこ行こうかとずっと考えていました。

近場で、時間のかからない手頃な山・・・なおかつ、私の心の疼きを満たしてくれる・・・

・・・・・・

オオッ!!

『妙法ヶ岳』だっ!!

あそこなら、三峰神社から1時間ぐらいらしいし、
なんといっても、三峯奥宮があるじゃないですかっ!
ずっと行って見たいと思ってたんだよなぁ、

ヨシッ!キメタッ!

という訳で、11時、三峰神社の駐車場着。

まずは、神社にお参り。

参道を歩いていると、なにやら、笛、太鼓の音が、

ンンッ!ナンダァ、 覗いてみると、

1707108

オオッ!奉納神楽ですかねぇ。
地元の中学生らしき子供らが、一生懸命やっていました。
始めて見てちょっと感動しました。
もっとも、最後の方しか見れず、内容はわかりませんでしたが・・・

1707106

お参りして、

目指すは、あそこ。

1707110

この場所で、何度となく、奥宮をはるか眺めましたが、
やっと、今日!!

心を落ち着かせ、歩き始めます。

1707113

第一の鳥居。

1707115

ここから、林の中を抜けるコースに、

1707117

第二、第三の鳥居。

1707130

1707131

ひたすら、歩き続けます。

1707132

第四の鳥居。

1707133

どうやら、もうすぐらしいですよぉぉお!!

1707134

1707135

石段を駆け上がり、鎖をよじ登ると、

オオッッ!!ここかぁ!!

三峯奥宮です。

1707141

着きましたよぉぉお!!

1707137

1707138

1707139

やっと、長年の念願をかなえる事が出来ました。

眺めもイイ。

1707136

1707140

向こうに見えるのは、神社の方です。
さっきは、あそこから眺めていたんだなぁ。

う~ん、山はイイ。

充分浸った後、奥宮を後にしました。

駐車場にもどり、昼飯を食べてゆっくりしてるとこんな時間でした。

1707148

My時計デス。(^_^;)
昼間はナゼカ、オネムのようです。
6時になるとパッチリ起きだします。

帰りは、滝沢ダムに、

まだ放水をつづけてました。
水位はこんな感じ、

1707149

天蓋にはまだ入れず・・・(T_T)

コリャ、来週また来襲だな、などとくだらないことを考えつつ帰途につきました。

イヤァ、とっても充実した休日でした。


・Kenboさん、・kiyo3292さん
nice!どうもありがとうございました。

石割山 [ハイキング]

5月6日、GW最終日、夜。

仕事帰り、最寄り駅から我が家への帰り道。

と~ってもいい風が吹いていたんです。

私を旅路へと誘うような・・・

なんだかそわそわしてじっとしていられない気分にさせる風。


オッシャ~ッッ!!

夜明け前に出撃だぁぁあ!!

攻撃目標は、『石割山』

準備は万端のハズ。

やっと、この時がきましたよぉぉお、ジュディさぁぁん!!



・・・・・・・・・

で、目覚めたの、5時半・・・・

オオゥ、ノォォウ!!

おひさま、出てんじゃないのぉぉお!

でも、こんなことではめげません。

そもそも私の場合、写真が目的ではないし、
ちょっとしたハイキングが楽しめればいいわけです。

駐車場が10台ぐらいしか止められないというのが心配だったんですが、
GWも終わってるんだから、マア、大丈夫だろうと、

6時に出発。
ブ~ンと八王子まで出て、八王子バイパス、降りて、
413、津久井湖の横を走り、三ヶ木、青山、と曲がれば、
そこはもう道志みちです。
後は山中湖方面に向かい、ひた走るのみ。
この道志みちもけっこう面白いのでいいですねぇ。

そうこうしているうちに無事到着ぅ。

1704225

装備を整え、イザッ!!

1704228

鳥居が出迎えてくれます。
ンンッ、その向こうに見えるのが、うわさの石段ですか、
どれどれ、

1704229

っって!!なんじゃコリャ~!!
先が見えんじゃないかぁぁあ!!

・・・・
マッ、マア、こんなことで動じるワタクシではありませんゆえ、
しゅくしゅくと登り始めます。

てか、この石段、一段一段の歩幅がミョ~に長いので、
足の短いワタクシが一歩一歩登ると、大またで登るハメに、
序盤からスタミナを大幅にロスト。
途中で気付き、細かく刻んで登りましたが、
イヤァ、若い頃はこんな石段、チョチョイのチョイと・・・
などと無理のきいた若き日に想いをはせながら、
無理せず、体力を温存するやりかたも覚えていかなければ、
としみじみ。

やっと石段を登り、展望が開けます。

1704231

1704232

しばらく登ると、やおら、巨大な石が、・・・割れている・・・

1704240

これが、石割神社ですかぁ。

1704241

1704243

1704242

1704244

1704245

このすき間を時計回りに3回すりぬけると、運が開けるそうで、当然すりぬけてきましたよぉ。

ここまでくれば後ひとふん張り、ひたすら登り、

1704264

着きましたよぉぉお!!

1704263

1704261

オオゥ!眺めがすばらしいっ!!
9時ぐらいですが、早朝ならもっと空気が澄んでいるんでしょうねぇ。

遅めの朝飯を食べて、しばし休憩。

1704265

My後姿。

体力も回復したところで、こんどは平尾山へ、
富士山を正面に見据え、下って行きます。

1704278

と、着きました。

1704280

360°の眺めがすばらしいですがやっぱり富士山ですねぇ。
ヨシッッ!!今年の夏は、富士山登るゾォォオ!!

1704279

完全装備、Vr2。

1704281

ウエストバッグを廃し、ヘッドランプグローブを付けてみました。

1704282

ビームッッ!!(^_^;)

人がいないのをいいことに、いろいろ遊んできました。

久々のハイキングはこんなもんかな、とあっさり戻って来ました。

10時過ぎに駐車場に戻ると、三々五々、人が出てきましたので、
落ち着いて登れるのは、このぐらいの時間かナアと、
終わってみれば結果オーライという感じでした。

イヤァ、久々のハイキング、充分堪能しましたよぉ。

近いうちにまたどっかいくと思います。

・judyxxxさん、・TAKさん、・kiyo3292さん
nice!どうもありがとうございました。
前の5件 | - ハイキング ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。