So-net無料ブログ作成

下ノ廊下 [山歩き]

扇沢始発のトロリーバスは7時半、

余裕を持って5時40分到着。

DSC00280.JPG

するとこの景色。

DSC00282.JPG

扇沢の駅のバックに、

モルゲンロートに燃ゆる後立山連峰。[ぴかぴか(新しい)]

テンションが上がります。[グッド(上向き矢印)]


しかし、今日は山には登らない。


歩道歩きです。


日本一危険なという枕詞が付きますが・・・



高揚した心を表に出さずにゆっくり準備していると、

やがて改札、

トロリーバスに乗り込み16分、

黒部ダムに到着です。

DSC00288.JPG

む~ん、やはりスゴイ迫力!!

DSC00285.JPG

しばし堪能、

も、あまりゆっくりとしていられません。

メインディッシュはこれから[レストラン]

いそいそと来た道を戻ります。

トロリーバスの発着場の横に、

ひっそりと出入り口が・・・

DSC00291.JPG

ここからダムの下に降りられます。

急坂を15分ほど降りていくと、

DSC00294.JPG

ダムからの水がまた黒部川となって流れていきます。

はやる気持ちを抑えて、橋を渡っていくと・・

DSC00298.JPG

おおっ!

DSC00301.JPG

キタァァア~!!

黒部ダムの雄姿を下から眺めることが出来ました!

この眺めはこの道を歩く人にのみ赦された眺めなのです[るんるん]

DSC00299.JPG

この眺めを見れれば目的の1/3は達せられたようなもの、[揺れるハート]



が、[パンチ]

残りの2/3がハンパないんですよぉぉお![爆弾]



さて、日本一のダムを正面から堪能したら、

気持ちを切り替え歩き始めます。

旧日電歩道、17キロの始まりです。

DSC00307.JPG

黒部川を右手に歩いていきます。

まだ序の口です。

DSC00308.JPG

スケールはこんな感じ、

先行の2人が見えますでしょうか、

DSC00309.JPG

進んでいくにつれ、左右が切り立った壁に、

DSC00312.JPG

流れも急になってきます。



歩き始めて1時間半ほど、

さっき追い抜いたナイスミドルが、

猛然と後ろに迫ってきました。

「うおっ、早っ!」

すかさず先に行って貰います。

ワタクシも遅い方ではありませんが、

ナイスミドル氏、なかなかの健脚のようで・・・


しかぁ~し!

こちらも好都合、

いい被写体ゲット~(笑

DSC00314.JPG

やはり人が写ると臨場感が違う!



結局、ナイスミドル氏とは抜きつ抜かれつ、

帰りのルートが同じということがわかったので、

山行終了までなんとなく行動を共にする事になるのでした~




DSC00316.JPG

ここ、道です。[たらーっ(汗)]

針金の手すりが付けてあるのが有難い。

DSC00322.JPG

滝のすぐ横を通り抜けたり、

だんだん険しくなってきます。

DSC00324.JPG

所々、丸木橋で補強してありますが、

木はすべりやすいので慎重に。



そのうち白いモノが・・・

DSC00323.JPG

あっ!雪渓だっ!

DSC00325.JPG

DSC00329.JPG

おおっ!スゲー!!

始めて見ましたっ![グッド(上向き矢印)]

ここからは、まさに雪渓のオンパレード!

DSC00332.JPG

まさにスノーブリッジです。

DSC00334.JPG

次から次へといろんな形の雪渓が出現。

DSC00335.JPG

DSC00339.JPG

負けじと道も険しさを増します。

DSC00340.JPG

登山道の真横にまで残っている雪渓、

雪渓で登山道が分断されているトコは、

『高巻き』、と言って崖を一旦登り、

雪渓をやりすごして、崖を降りる、ということをしなければなりません。

つまり、

DSC00342.JPG

こういうこと、

このハシゴ、スゲ-高度感です。[あせあせ(飛び散る汗)]





DSC00344.JPG

そして、ここが別山谷出合です。

例年、ここのスノーブリッジの状態で通行の可否が決まります。

DSC00345.JPG

この通り、崩壊が進んで登山道が現れたので、

正式な開通宣言はされてませんでしたが、通行は可能でした。

(もちろん下調べ済み)



DSC00350.JPG

しかしよく晴れてくれました。



DSC00352.JPG

さて、ここは本コースの核心部ともいえる『白竜峡』です。

DSC00355.JPG

DSC00354.JPG

高度もあり、流れも急です。


すると、前方に巨大な雪渓が、

DSC00353.JPG

DSC00358.JPG

くりぬかれた道をたどり、雪渓に近づくと、

DSC00361.JPG

やはり、高巻きせねばならんようです。

高巻きの途中、真横の雪渓を見ると、

DSC00363.JPG

うおっ!!キッ、キレツが入ってるっっ!![あせあせ(飛び散る汗)]

こ、怖ぇ~[がく~(落胆した顔)]

可及的すみやかに雪渓を後にするのでした。[ダッシュ(走り出すさま)][あせあせ(飛び散る汗)]





さて、この辺りでちょうど中間地点、

今回も長くなりそうなので、

ひとまずこの辺でひと区切りとさせてもらいま~す。^_^;
nice!(6)  コメント(12) 

nice! 6

コメント 12

Kenbo

凄すぎるっ!!
 
そのなかでも写真を忘れずに撮っているところにnice!!
 
by Kenbo (2010-10-10 17:28) 

にょご

>Kenboさん
ホントにスゴイ景色でした~
あんまりスゴイんで写真撮りまくりました^^;
by にょご (2010-10-10 23:11) 

にょご

>銀さん
nice!どうもありがとうございました。
by にょご (2010-10-10 23:12) 

judyxxx

ここは健脚だともったいないコース!
景観美をじっくり、高度感をユックリ味わいたいですね。
それにしても臨場感あふれる画像を見ていましたら
自分の目で確かめたくなってきました。
次は小屋どまり編ですね。
あ、あともう一つ楽しみがあるんですよね!?
by judyxxx (2010-10-11 11:12) 

ひろちゃん

お疲れ様でした!!!
スゴイ!!デジイチで撮りたいけど…
その為にバランスを崩しそうで怖い…
雪渓ってスゴイですね~
真夏過ぎたのに溶けなかったって事ですね
by ひろちゃん (2010-10-11 17:25) 

拳客

こんな凄い所が日本にあるとは思いませんでした。
続きが楽しみです。

by 拳客 (2010-10-11 19:16) 

にょご

>キャラハンさん
nice!どうもありがとうございました。
by にょご (2010-10-11 22:47) 

にょご

>judyxxxさん
もちろん急ぎすぎるのは危険だし、もったいないです~
しかし、悠長にもしていられないトコロなので
テキパキした行動が求められます~
楽しみはまだ続きますが、苦しみも・・・
by にょご (2010-10-11 22:58) 

にょご

>ひろちゃん
む~ん、コンデジで撮るのがやっとかもしれません~
雪渓、ホント凄かったです!
どんだけ雪降るんだココって思いました~
by にょご (2010-10-11 23:04) 

にょご

>拳客さん
日本もまだまだ広いですよねぇ~
もう少し続きます~(^^)
by にょご (2010-10-11 23:09) 

キトリ&キトリ夫

これは凄い!!
知りませんでしたが、ナイスミドルではないですが行けるかな~
鍛えて(^0_0^)、行きたい高年夫婦です。
夢だけ膨らみます。
ありがとうございました~
by キトリ&キトリ夫 (2010-10-12 21:59) 

にょご

>キトリさん、ご主人様、
高低差はありませんので、長時間歩く持久力と
高度感にひるまず油断しないハートと注意力があれば
いけると思います。
どなたにでもお勧めできるというコースではありませんが、
自信が付いたなら考慮してもいいかもしれません~
ツアーでいらっしゃる方々もいました。
by にょご (2010-10-12 23:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。