So-net無料ブログ作成
検索選択

期待のジャンダルム(奥穂から西穂) [山歩き]

昨日はなかなか寝付けなかった、

それでも、PM9時以降の記憶が無いから、

現在AM4時、都合7時間近く睡眠が取れたことになる。

充分休息できた。

やはり、3日目ともなると体中痛むが、

動けないという訳じゃない。

部屋着を脱いで、サポートタイツをはき、柔流を着ると、

スイッチが切り替わるのがわかる。


準備を整え、玄関ブーツゲイターを装着。

よし、いける。

まだ暗い玄関の土間の自炊スペースで、

昨日もらった弁当を、ヘッドライトの明かりで食べる

暗闇で食べると味も半減だが、ぜいたくは言わずペロリと平らげてしまう。



外に出てみると、太陽が地平を火の海に変えはじめている。

DSC00195.JPG

AM5時、山荘出発。奥穂高岳に登り始める。

しょっぱなから意外と険しい。

少し登って下を見ると、

目覚め始めた穂高岳山荘の明かりが、

なんだか懐かしく見える。

DSC00197.JPG

フト目を上げると・・・

DSC00199.JPG

槍が・・・

おお、24時間前にはあそこにいたんだよなぁ~




夜明けはすみやかに訪れる。

DSC00202.JPG

ジャンダルムが明るく輝きだしたかと思ったら、

DSC00203.JPG

ご来光です。

DSC00205.JPG

わかりますでしょうか、

奥穂高岳の影が、雲海に映っています。

DSC00209.JPG

AM5時30分、奥穂高岳、山頂(3190m)。

DSC00212.JPG

朝霧の中の上高地、

向こうからはどんな風に見えているんでしょうか。

DSC00213.JPG

雲海の上に、南アルプスと富士山。

なにしろ日本で3番目に高いところ、360°の展望です。



さて、ここまで30分歩いてきて、

体調は・・・

申し分なさそうです。

「サプリメントで疲れを持ち越すな作戦」の効果でしょうか、

まぁ、確かに少しは疲れはあるが、

かえってそのほうが変に無理しなくていいかも。


DSC00216.JPG

これから向かうジャンダルムです。



えっ、?!

なんですか~?

ふむふむ・・・

おめー、前からジャン・・なんとかってずっと言ってるケド、

その、ジャン・・なんとかって、いったいなんのこっちゃぁぁあ~?!

ですってぇ~?



・・・

ふっ、ふふふ。

その質問を待っていたんですよぉぉお~!


前の写真のドーム状の岩稜が『ジャンダルム』

「ジャンヌダルク」や、「ジャン・クロード・バンダム」ではありません~


『ジャンダルム』というのはフランス語で憲兵を意味するとのこと。

このドーム状の岩稜は、

あたかも穂高を護衛するかのようにそびえているので、

穂高の前衛峰という意味でこの『ジャンダルム』という名が付けられたそうです。


なんでフランス語なのかは知りませんが・・・

まぁ、なんとなくかっこイイからいいじゃないですか~


そのかっこイイ名前と、独特な佇まいから、

憧れる登山者も多いんですが、

一般登山道とはいえ、最難関と呼ばれるルート上にあるため、

『ジャンダルム』に登るのはそれなりの覚悟が必要なんです。




そんな覚悟を胸に、AM5時30分

いよいよ、最難関コースへ、

先行は・・・

ご来光を待って歩き始めたとおぼしき2人組のみか、

300mくらい先行しています。

DSC00218.JPG

まずは『馬の背』、左右がスパッと切れ落ちたまさにナイフリッジです。

落ち着いて通過、

DSC00222.JPG

『ロバの耳』です。ここは岩肌にはりついてトラバース。

奥穂から西穂へ抜けるコースは、

基本、降りです。

谷底に降りていくんじゃないかっ、とばかりの急斜面。

DSC00224.JPG

振り向くとこんな感じ・・・

いったいどこをどう降りたんだか分らなくなりそう・・・

『ロバの耳』をすぎると、

DSC00228.JPG

ついに『ジャンダルム』が全容を、

DSC00227.JPG

てっぺんに先行の2人の姿が見えます。

直登出来ない事も無いが、危険なのでまわり込んで西穂側から登ります。

DSC00233.JPG

そして『ジャンダルム』頂上、AM6時22分。

DSC00231.JPG

眺めは360度!!

しばし景色を堪能し、すぐに先に進みます。

『コブ尾根の頭』はザックをおいて一休みできる。

が、そのまま通過。

DSC00235.JPG

『コブ尾根の頭』から、また降り、

西穂から焼岳まで一望のもとに。



ひとしきり降ると、

DSC00236.JPG

『畳岩尾根の頭』です。

この辺りからペンキマークが見当たらなくなり、ルートが不明瞭に、

たぶんどっかに巻き道があると思うが・・・

せっかくなので直登し尾根の頭を越えてしまう。

不明瞭箇所が続くが、

天気がよく、先が見渡せるので、迷わず歩けます。

DSC00238.JPG

降りの途中、前方に天狗の頭と間ノ岳が、

さらに降ると、

DSC00240.JPG

『天狗のコル』です。AM7時20分着。

このコース唯一のエスケープルートがありますが、

むろん先に進みます。

『天狗の頭』への登り、

DSC00241.JPG

いきなりほぼ垂直の登りです、

遠くで見えていた時は楽な登りに見えたが、

実際はけっこう険しい。

ここで初めて西穂側からの登山者とすれちがう。

DSC00244.JPG

AM7時37分、『天狗の頭』です。

こんども降り、

『逆層スラブ』です。

薄い岩の層が滑り台のように何層も重なってます。

岩は乾いていて、ブーツのフリクションが効くので、

慎重に降りれば、難しくはないと思います。

DSC00245.JPG

一旦降りて、振り返って撮った『逆層スラブ』。

降りたところが『間天のコル』

DSC00247.JPG

ここから、『間ノ岳』への登りです。

浮石に気を付け、落石おこさぬよう、慎重に進みます。


DSC00252.JPG

『間ノ岳』山頂、AM8時10分着。

ちらほらとすれ違う人もいます。

間ノ岳降りはまさに浮石だらけ、

足を取られたら、谷底まで落ちそうなところです。

ほどなく『赤石岳』

ここまでくれば西穂高岳も近い、

DSC00254.JPG

右側の人がいるピークが西穂高岳です。

振り返ると、

DSC00257.JPG

槍ヶ岳から今までのルートが一望のもとに、

ずいぶん歩いてきたんだなぁ~

DSC00259.JPG

本コース最後のピーク、P-1に着くと、

DSC00260.JPG

西穂高岳はすぐそこです。

DSC00261.JPG

そして、AM9時10分西穂高岳到着。



奥穂高岳から、3時間40分、長いような短いような、

とても濃厚な時間でした。



コースの印象は、

やはり最難関コースだけあって、

今までの登山道と違い、

険しく油断できない箇所がめじろ押しですねぇ~

高度感も抜群です~

でも、ザックを置いて休憩できそうなとこが、

けっこうあったのは意外でした。


鎖場はけっこうありましたが、

今回、使わないで通過することが出来ました。

かえって鎖に頼ると危なそうな箇所も・・・




最難関とはいえ、一般登山道なので、

三点確保が出来、高所で体が固まることが無く、

浮石、落石に注意して、

慎重に歩ける自信があれば、

このコースにチャレンジしてもいいかもしれません(自己責任でね~)


もちろん悪天時には行かない方がいいでしょう。






な~んて生意気な事書いちゃいましたが、

まだ終わっちゃいませんよぉぉお!!

DSC00262.JPG

眼下のロープウェイの駅まで降りなければ帰れませ~ん。

到着の感動もそこそこに歩き始めます。

ここ、西穂高岳から、西穂独標までもなかなかの岩場なので気を抜けません。




しかし、今まで歩いてきたコースのレベルとは明らかに違う、

DSC00263.JPG

AM9時44分、ピラミッドピーク、

DSC00264.JPG

AM10時、西穂独標、

鼻歌まじりです。

DSC00265.JPG

あとは岩場はありませんが、西穂山荘までの降り、

う~ん、膝に来そう・・・

すかさずストックを装備し、「ストックが鍵、膝を笑わせるな作戦」を発動。

すると、膝の負担も無くなりスピードUP!!

DSC00268.JPG

AM10時40分、西穂山荘着。

ここで初めてまったりモード、

お茶で1人乾杯し、

西穂ラーメンに舌鼓。

栄養補給したらホントのラストスパート、

AM11時10分、西穂山荘出発、ロープウェイの駅へ、

ストックを駆使し、膝の負担を軽減しつつ、飛ぶように降りてゆく。

「あんよふかふかクッション作戦」の効果でしょう、足の指はまったく痛くなりません。

AM11時45分、ロープウェイ駅着、

ゆっくり装備を解除し、行動終了。





平日だというのに観光客がけっこう多い、

本格的な山のいでたちをしているのは私ぐらい、

なんだか別の世界からやって来たみたいだ。



PM12時15分のロープウェイに乗り込む。

けっこう混んでいる、

修学旅行だか、サークルだかの旅行で来たらしい女の子が、

「きゃ~ゆれるぅ~」だの「ちょ~キレ~」などと騒いでいる。


ああ、君達に今日のあの景色を見せてあげたいよ。



DSC00271.JPG

ロープウェイの窓から私が歩いてきた稜線が見える。

最高の山行だったな。

改めて思った。
nice!(8)  コメント(15) 

nice! 8

コメント 15

銀四郎

す、スゴイ!
マジ同世代とは思えないです。。。
by 銀四郎 (2010-09-21 05:28) 

キャラハン

山の上から見るご来光はやっぱり格別ですね~(^-^*)

by キャラハン (2010-09-21 05:32) 

judyxxx

素晴らしい画像に感動しながらみました!
単独行での槍穂縦走は本当に凄いです。
しっかし時間を見ると相変わらずの健脚…
冗談抜きで着いていけませんよ。
さて次は雪山シーズンですね!
また何かすごい企画があると思いますので楽しみにしてます^^
by judyxxx (2010-09-21 17:03) 

にょご

>銀さん
けっこう年配の方にも会いますよ~
私なんかまだまだです~
by にょご (2010-09-21 23:09) 

にょご

>キャラハンさん
夜が明けるってだけなのに、すごい迫力です。
都会では見れません。
by にょご (2010-09-21 23:13) 

にょご

>judyxxxさん
槍から奥穂まででしたら、単独の方も割りといましたよ~
こんどは逆コース行ってみたいですねぇ~
雪山?!
いえいえ、まだ秋の紅葉がありますよぉ~
その前に下ノ廊下行こうかと目論んでおります~
by にょご (2010-09-21 23:19) 

キトリ

素晴らしいですねえ~
ご無沙汰してしている間にこんな感動を味わって来られたなんて。

日常に潰されてすっかりジジババしている(孫もいないのに)わが家です。
にょごさんの記事を読ませていただいて又元気が出てきました。

時が来たら足慣らしからです。
by キトリ (2010-09-22 10:03) 

拳客

すごいですね~景色もスバラシイ。
by 拳客 (2010-09-22 19:23) 

ひろちゃん

お疲れ様でした!!
マルヤマって奥穂高が見えるところ??
登るらしいのですが…キツイですかね??
by ひろちゃん (2010-09-22 21:44) 

にょご

>Kenboさん
nice!どうもありがとうございました。
by にょご (2010-09-23 00:53) 

にょご

>キトリさん
いやぁ~山は縦走がいいですねぇ~
すっかりハマりましたぁ~

紅葉の時期が近づいてますよ~
by にょご (2010-09-23 01:03) 

にょご

>拳客さん
やはり山の上からの景色はひと味違います~
拳客さんもトレーニングにどうですかぁ~
by にょご (2010-09-23 01:06) 

にょご

>ひろちゃん
丸山、西穂の途中ですかねぇ~
天気がよければ展望がいいですよ~
ロープウェイからならすぐですよ、
上高地からはけっこう歩くみたい・・・
by にょご (2010-09-23 01:13) 

にょご

>ぽんたさん
nice!どうもありがとうございました。
by にょご (2010-10-02 22:56) 

にょご

>SORIさん
nice!どうもありがとうございました。
by にょご (2010-10-04 00:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。